派遣・業務委託スタッフ​とは何ですか?

全世界の従業員の 42% が派遣・業務委託スタッフ​です。この人材セグメントがデジタルエコノミーに不可欠である理由をお確かめください。

派遣・業務委託スタッフ​とは何ですか?

派遣・業務委託スタッフ​は、通常の正規雇用従業員ではなく、役割ベースまたはプロジェクトベースの業務を行うために企業に雇用された個別人材です。

例えば、独立請負業者、コンサルタント、フリーランサー、臨時スタッフ​のほか、ギグワーカーなどの外注人材が挙げられます。

これらの人材は、サプライヤーまたはその他の人材プール(人材派遣会社、フリーランスマーケットプレイス、会社の人事または調達部門による直接調達など)を介して契約できます。

 

 

 

 

 

 

派遣・業務委託スタッフには次のような呼び方もあります。

  • ギグワーカー

  • フレキシブル労働者

  • 非正規労働者

  • 外注人材

  • 非正規従業員

  • スタッフ・オーグメンテーション

  • 個人リソース

  • 臨時スタッフ

  • 独立請負業者

  • 個人請負​

  • フリーランサー

  • 契約コンサルタント

  • 派遣社員

非正規社員の役割の例として、次のものが挙げられます。

  • 看護師

  • 小売店員

  • マーケティングサービス

  • トラック運転手

  • IT スペシャリスト

  • 建設作業員

  • エンジニア

  • Web デザイナー

  • 建築士/p>

  • コピーライター

  • プロジェクトマネージャー

  • 法律サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非正規社員は企業に大きなメリットをもたらします

非正規社員は、季節性、労働力の不均等な変動、または景気後退に見舞われる企業に大いに必要とされる俊敏性を提供できます。外部人材は柔軟性が非常に高いため、ビジネスの状況に応じて素早く増減できます。外部人材は柔軟性が非常に高いため、ビジネスの状況に応じて素早く増減できます。

Oxford Economics 社と共同で実施した調査によると、外部人材は幅広いビジネス目標の達成を支援できることが明らかになっています。例えば、コスト管理 (73%)、組織の俊敏性の向上 (64%)、リスクの軽減 (64%) などが挙げられ、いずれも特に経済の先行きが不透明な状況下におけるビジネスのレジリエンスに不可欠な能力です。 調査をダウンロード

また、派遣・業務委託スタッフの必要性は高まることが予想されます。McKinsey 社が世界のビジネスエグゼクティブに対して行ったアンケートでは、 回答者の約 70% が、今後 2 年間にオンサイトの派遣社員やフリーランスの雇用がコロナ禍前に比べて増えると予測しています。

Left arrow icon Right arrow icon

派遣・業務委託スタッフ​とは何ですか?

多くの企業にとって、柔軟な労働力を効果的に管理するのは容易ではありません。社内ステークホルダー、マネージドサービスプロバイダー (MSP), および派遣・業務委託スタッフ​の間で必要とされる複雑なインタラクションは通常、複数のツールやアプリケーションにわたって発生します。多くの場合、外部人材を管理するためのプロセスやテクノロジーが同じ会社内に複数存在し、分断されているため、管理の混乱や分断、不満が生じ、貴重な時間が失われています。

多くの企業にとって重要であるにもかかわらず、派遣・業務委託スタッフ​はえてして管理が不十分です。そのため、派遣・業務委託スタッフ​の業務品質、個人のパフォーマンス、プロジェクトの進捗状況、および会社の成功に影響を及ぼす可能性があるその他の主要指標を十分に理解できないことに加え、セキュリティ侵害やコンプライアンスの問題につながる可能性もあります。

問題の 1 つとして、適切なテクノロジーを使用していないことが挙げられます。実際、外部人材管理のためにテクノロジーを活用している幹部は 35% に過ぎません。

Left arrow icon Right arrow icon

テクノロジーの役割

多くの企業は、派遣・業務委託スタッフ​の管理を支援する ベンダー管理ソフトウェア (VMS) を導入しています。ベンダー管理ソフトウェアは、企業のエンタープライズテクノロジースタックと統合されたアプリケーションであり、求人募集からオフボーディングまで、派遣・業務委託スタッフ​およびサービスプロバイダーのライフサイクル全体の管理を可能にします。

しかし、VMS の機能が十分に活用されていない場合や、ソリューションが全社規模でロールアウトされていない場合もあります。そうした場合、グローバル企業は外部労働力全体を完全に可視化するのが難しくなり、世界中で業務レベルの非効率が多数生じることになります。

自社のテクノロジーが優先サプライヤーからの効果的な人材調達、交渉済み賃金率の適用、業務品質の追跡に役立っていると回答した経営幹部は、全体の約 3 分の 1 にとどまっています。セキュリティアクセス、入札業務、機器の使用状況の管理を支援する派遣・業務委託スタッフ​管理ソリューションを使用している企業となると、その割合はさらに低くなります。

SAP Fieldglass のようなクラス最高のクラウドベースのベンダー管理システムを使用すれば、これらをはじめとするさまざまなメリットを実現できます。

しかし、すべての VMS が同じとは限りません。そこで重要なのが、自社に最適な VMS の選択です。