マネージドサービスプロバイダーとは何ですか?

マネージドサービスプロバイダー (MSP) は、ビジネスを支援するさまざまなアウトソーシングサービスを提供します。優れた MSP は、ビジネスの戦略的成長を支援することもできます。  

 

マネージドサービスプロバイダー (MSP)は、別の会社(つまり顧客)の幅広い業務や職務に対して、日々の継続的な責任、監視、管理を請け負うサードパーティー企業です。MSP と顧客は通常、標準化されたサービスレベル契約を結び、サービスレベル契約により、求められるサービスレベルと品質指標が定義されます。

MSP の一般的なビジネス機能には次のものがあります。

  • IT(接続、ネットワーク、データバックアップと復旧)
  • マーケティング(戦略、計画、コピーライティング)
  • 人事(従業員のオンボーディング/オフボーディング、給与計算)
  • 非正規要員(外部人材求人募集、配置、追跡)
  • サプライチェーン(調達、購買、ロジスティクス、流通)
Managed Services Providers MSP

MSP はどのようなサービスを提供しますか?

MSP は、IT インフラストラクチャのオフサイトサポート(接続、ネットワークモニタリング、セキュリティなど)を提供するのが最も一般的ですが、給与管理、サプライチェーンと需要の監視、俊敏で熟練した派遣・業務委託スタッフの職務全般の監督などの完全なビジネス機能の管理といった、はるかに幅広い企業向けサービスを提供しています。

MSP は、企業に最適なテクノロジーやツールに関する相談や助言も行うことができます。また、特定のニーズや目的に基づいてカスタムプログラムの構築、プログラムの導入の監督、それらの重要な機能の運用・保守の管理を行うこともできます。

社内と MSP の違い

多くの場合、機能やサービスを社内で管理する方がコストと時間がかかります。MSP は、サービス分野の専門知識と経験を予測しやすいコストで提供します。マネージドサービスをアウトソーシングすれば、テクノロジー、ツール、およびその他の必要なリソースとともに、社内の専任担当者のコストを削減できます。

企業は、MSP の能力と業界知識を利用できると同時に、プログラム自体の管理にかかる直接費を回避することもできます。さらに、MSP を使用する企業は、コアスキルセットやビジネスセンス以外の厄介な機能から解放され、ビジネスの成長に向けた戦略的プロジェクトやイニシアチブに集中できるようになります。

office-image
MSP を使用するメリットは何ですか?

職務上の作業の多くをサードパーティーのエキスパートにアウトソーシングするメリットを実現する企業がますます増える中、MSP にアウトソーシングする動きが企業の間で広がっています。以下のようなメリットがあります。

 

  • 予測可能なサブスクリプションベースのモデルによるコスト管理

  • 経験豊富なプロフェッショナルを頼りにした最新のトレンドやテクノロジーに関する最新情報の常時把握

  • 業務の合理化による可用性と効率の向上

  • リスクや責任の軽減(MSP は法規制や業界標準の遵守を保証できるため)

  • フルタイム従業員の社内チームによるサービスの管理にかかる間接費の削減

エキスパート MSP は高需要

近年、マネージドサービスの需要は急激に高まっています。世界のマネージドサービス市場の規模は、2019 年の 1,859 億 8,000 万ドル から、2025 年までに 3,562 億 4,000 ドルに達すると予測されています。

MSP-2

MSP と VMS (ベンダー管理システム) の間にはどのような関係がありますか?

MSP が大工とすれば、VMS は道具箱と言えます。

つまり、MSP が企業の派遣・業務委託スタッフのエンドツーエンド管理全体に責任を持つのに対し、VMS(SAP Fieldglass ソリューションなど)は、このビジネスクリティカルな機能を実現する中心的なテクノロジーです。(詳細を読む:VMS とは何ですか?)

MSP は VMS をツールとして使用して、人材プールから採用、オフボーディング、請求まで、会社の外部人材を効率的に管理します。VMS が各臨時労働者の「誰」、「何」、「どこ」、「なぜ」を追跡して正確に可視化するのに対し、MSP は VMS の豊富な機能(応募者追跡、データとアナリティクス、包括的なレポートなど)を利用して、顧客の外部人材管理プログラム全体を構築できます。

tech-img

MSP は SAP Fieldglass Vendor Management System をどう利用しますか?

a href="/resources/research/contingent-workforce-insights-2019/download">総労働力支出の 42% を外部人材が占めている現在、MSP の需要がこれほどまで高まっているのも不思議ではありません。今や企業は、競争力、拡張性、急速に変化するビジネス状況への対応能力を維持する上で、請負業者、ギグワーカー、季節労働者などの外部人材に依存しています。

しかし、外部人材をエンドツーエンドで管理し、適切なスキルを備えた適切な人材を適切な賃金で適所に配置することは、多くの企業にとって手に負えなかったり、時間がかかったりすることがあります。Oxford Economics 社と共同でSAP Fieldglass が実施した調査によると、コンプライアンス、派遣・業務委託スタッフ​の責任、在職期間、業務品質、人数、および施設へのアクセスについて十分な情報を得ていると考えている経営幹部は半数未満でした。成功する企業を運営し、変化の激しい今日のビジネス環境をうまく乗り切りながら、それだけ多くのことを管理するのはほとんど不可能です。

そこでお役に立つのが SAP Fieldglass とエキスパート MSP です。SAP Fieldglass などの VMS による派遣・業務委託スタッフ​管理を担当する社内チームを会社がサポートできない場合、MSP が介入し、グローバル外部人材プログラムのカスタマイズと実装から、ソフトウェアの導入、プログラム全体の日常的な監視と管理までの完全なサービスを提供できます。