サービス調達とは何ですか?


デジタル時代で成功するには、非正規社員やサービスプロバイダーを含む外部人材が不可欠です。

目に見えない要員をどれだけ把握していますか? 
詳しく見ていきましょう。 

「目に見えない要員」は企業の成功に不可欠です。これらのアウトソーシングサービスには毎年多額の資金が投じられているからです。例えば、コンサルティング会社、IT アウトソーサー、マーケティング代理店、法律事務所、施設管理会社、コールセンター運営会社、会計事務所は、ごく一部の例にすぎません。

しかし、サービスプロバイダーの管理が不十分であれば、プロバイダーを最大限に活用できず、組織をリスクにさらすことになります。実際、プロジェクトの 4 件に 1 件は期限内または予算内に完了していません
 
現代の企業は、デジタル時代を勝ち抜くための競争優位性を確立しなければなりません。

サービス調達とは何ですか?

サービス調達(特にサービスプロバイダー)とは、技術コンサルティング会社、専門サービス代理店、保守会社など、人材ベースのサービスを企業に提供する会社です。それらの会社は通常、作業範囲記述書 (SOW) を通じてプロジェクトベースで作業を請け負います。

サービス調達は、現在の外部人材、つまり標準のフルタイム従業員契約以外で雇われるサービスや労働力の大部分を占めています。

ライブラリーより: 外部人材とは何ですか?
 


これらのサービスプロバイダーはどのような業者ですか?どのようなサービスを提供していますか?

サービスプロバイダーは、業務を遂行する上で重要な役割を担い、企業の中心で活動します。例えば、企業はデジタル時代における競争力強化の支援はコンサルティング会社、IT 業務の運営は IT サービスプロバイダー、帳簿の管理は会計事務所、知的財産の保護は法律事務所、ブランド構築はマーケティング代理店、顧客の支援はコールセンター運営会社、建物や設備の保守は施設管理会社にそれぞれ頼っています。これらは、サービスプロバイダーが企業顧客に代わって管理する多くの重要な業務作業のごく一部の例にすぎません。

Services procurement and contingent workforce
調達をどれだけ把握していますか?

「調達」、「サービス調達」、「直接調達/間接調達」の違いは何ですか?


調達は、全体として、企業が効率と収益性を維持しながら業務を運営できるようにする商品やサービスの購入業務を含みます。調達は、以下の 2 つの異なるタイプを包括しています。 


サービス調達

これは人材が提供するサービスによるエンゲージメントです。これらの人材は、企業の正規雇用従業員とは別に、提供するサービスを専門とする会社から調達されます(例えば、ブランド戦略コンサルタントや保守エンジニアなど)。

SAP Fieldglass のサービス調達の詳細を見る

 


直接/間接調達

このタイプの調達は、事業を運営し続けるための資材や商品の取得を意味し、調達から購買、支払まで、エンドツーエンドサプライチェーン管理のすべてのステージを含みます。

 

SAP Ariba の直接/間接調達の詳細を見る

 

 

どちらも企業における重要な支出カテゴリーですが、複数の部門が分担し、異なるテクノロジーを使用して管理することがよくあります。しかし、インテリジェントテクノロジーとデータに基づくインサイトを最大限に活用して総支出を戦略的に管理することにより、カテゴリーを越えて支出を一元的に把握する方法があります。

インテリジェントな支出管理の詳細を見る

サービス調達は企業にどのようなメリットをもたらしますか?

現代の企業は、専門スキルから効率的な能力までのあらゆるものを求めており、プロジェクトの遂行を迅速化し、条件や要件の変化に適応できるだけの柔軟性を実現するために、外部人材に依存しています。SAP Fieldglass は、業務遂行におけるサービスプロバイダーの重要性とビジネスパフォーマンスへの影響を把握するために、Oxford Economics 社と共同で、24 業種の上級経営幹部 1,050 人を対象にグローバル調査を実施しました。レポート全文のダウンロードは こちら

その結果、レポートの図 2 に示されているように、あらゆる規模や業種の企業にとって、デジタル時代における業務遂行に外部人材がいかに重要になっているかが裏付けられました。

SAP-Fieldglass-Services-Procurement-Insights
サービス調達に関するインサイト:大いなる啓示


レポート「サービス調達に関するインサイト:大いなる啓示」の一環として、回答者の 11% は非正規労働者やサービスプロバイダーの管理に関する戦略とビジョンにおいて、他の回答者より優れていることが明らかになりました。 

レポートをダウンロードして、他の進歩的な企業が外部人材の管理においてどう優れているのかをお確かめください。
 

SPI_ReportCoverPhoto
サービス調達が「目に見えない要員」と呼ばれることがあるのはなぜですか?

多くの企業は、サービスプロバイダーとの契約の財務的側面の管理という点では優れていますが、これらのエンゲージメントの「人的」側面(つまり、誰が作業を行っているか、その作業者の認定とトレーニング、システム/施設へのアクセス、マイルストーン/成果物に照らした進捗など)の管理は不十分です。
 
例えば、SAP Fieldglass が Oxford Economics 社と共同で、上級経営幹部を対象に実施した最近の調査では、かなり驚くべき統計が明らかになりました。契約条件 (48%)、所在地 (44%)、作業を行っている人 (44%) など、サービスプロバイダーの基本情報を十分に把握している調査回答者は半数に届きませんでした。また、マイルストーンや成果物に照らした進捗 (27%)、サプライヤーレベルの業務品質 (25%)、および個々の貢献者の業務品質 (18%) を十分に把握しているという回答者は 4 分の 1 にとどまりました。

この管理不足やサービスプロバイダーとのエンゲージメントに対する可視性の欠如は、不満足なプロジェクト成果につながったり、セキュリティリスクをもたらしたりするほか、サービスの価値を最大限に引き出す上でも妨げになります。やはり、見えないものを測定することはできません。

invisible-workforce

サービスプロバイダーの管理が不十分な場合、何が問題になりますか?

無駄な支出がかさみます。サービスプロバイダーは、外部人材に対する支出の半分近くを占めています。これは、全人件費の約 5 分の 1 に相当します。しかし、企業はサービスプロバイダーの可視化が不十分であることがよくあり、実際、サービスプロバイダーから調達したプロジェクトのうち、4 件に 1 件が期限内または予算内で完了していません。

 

「役員たちの多くが外部人材に無頓着なのは、必要な働き手における外部人材の占める割合や、イノベーションや成長の原動力としての彼らの役割に気づいていないからです。」

リサ・ザク (Lisa Zak) 氏、Medtronic 社戦略的調達担当ディレクター

出典: サービス調達に関するインサイト:大いなる啓示

企業がサービスプロバイダーとのエンゲージメントを改善するにはどうすればよいでしょうか?何が得られますか?

可視性が不足していたり、厳格な管理が欠如していたりすると、サービスプロバイダーの価値を最大限に引き出すことができません。SAP の調査では、この目に見えない要員に光を当て、企業がリスクを軽減しながら、サービスプロバイダーのメリットを最大限に引き出すにはどうすればよいかを検証しています。サービスプロバイダーを管理し、より大きな価値を効果的に引き出し、投資回収率を高めるには、 4 つの重要な取り組みが推奨されます。特に、サービスプロバイダーを自社の人材の延長線上で捉え、従業員と同じ厳格さで管理する必要があります。

レポートの全文をダウンロードして、4 つの重要な取り組みの詳細をご確認ください。

サービスプロバイダーの管理を改善するための重要な取り組みの 1 つとして、ベンダー管理システム (VMS)など、クラス最高の機能を備えたインテリジェントテクノロジーを導入する必要があります。

VMS の主なビジネス上のメリットの詳細を見る